前野岳洋の自信がつくビ%
2016-08-20 じゅんさいの食べ方
じゅんさいはツルッとしていて、舌ざわりのいい前菜。

さっぱりとした酢の物なので、食べやすい一品です。

高杯に盛られてきたら、脚の部分を持って胸の高さまで持ち上げ、箸でつまんで食べます。

ツルツルしていて、つかみにくいうえ、汁がたれやすいので、器を口のほうに近づけてから食べるようにしてください。

こんなときでも、正しい箸の扱いをしていれば、うまくいくものです。

汁けの多い料理の場合は、器を置いたままで、懐紙で受けて食べないこと。

必ず手に持って食べてください。

すすって食べるのは、まったく問題ありません。

高圷の脚の部分を持って、持ち上げます。

胸の高さまで器を口のほうに近づけて、箸でつまんで食べます。

前野岳洋・イメージプランナー